ボランティアセンター

ボランティアセンター

長岡市社会福祉協議会ボランティアセンターでは、ボランティアに関する様々な相談や紹介をしています。また、ボランティアを広く理解していただくために、ボランティア大学や公開講座なども行っています。詳細については、ボランティアセンター(電話 (0258)33-6000・32-1442)またはお住まいの地域の社協支所へお気軽にご相談ください。

※ボランティアグループ、ボランティア受け入れ施設の紹介はページの最後にある添付ファイルをご覧ください。

ボランティア活動保険

活動中、ケガをしてしまった、相手にケガをさせてしまった!押していた車椅子がこわれてしまった。そんなときのためにボランティア活動保険があります。万が一のため加入しておきましょう。
申込み・お問い合わせは、長岡市社会福祉協議会ボランティアセンターまたは各支所へお気軽にどうぞ。

ボランティア講座

SONY DSC

  • ボランティア大学基礎講座(5月~9月 全14回)
  • ボランティア大学傾聴講座(11月 全3回)
  • ボランティア大学介護講座(10月~11月 全4回)
  • 音声訳・点訳・手話・要約筆記講座(9月~)
  • 公開講座

*詳細は社協だよりでお知らせします。

収集ボランティア

80-3

ボランティアによる切手整理

ボランティアセンターでは、みなさんからいただいた使用済み切手などを整理し、収集団体へ送り、福祉に役立てています。
使用済み切手などが集まりましたら、ボランティアセンターまでお寄せください。

※長岡市社会福祉センターでは、毎月第2水曜日にボランティア連絡協議会会員や個人ボランティアによる切手整理が行われています。ボランティアははじめてという方でも気軽に参加できます。みなさんの参加をお待ちしてます。

収集物品には次のものがあります。

使用済み切手

収集整理方法

切手の周囲を5ミリ程度残して切り取ります。集まった使用済み切手は、まずボランティアの人たちが整理します。整理したものを収集団体へ送り、切手の業者に買い取ってもらいます。

活動目的

ボランティア団体の活動資金、施設の整備、開発途上国への医師や看護師の派遣、医薬品・文房具等の援助に活用されます。

主な収集団体

日本キリスト教海外医療協力会
〒167-0051新宿区西早稲田2-3-18-23
TEL03-3208-2418
FAX03-3232-6922

誕生日ありがとう運動本部
〒650-0027神戸市中央区中町通4-2-11村上ビルB1
TEL/FAX078-360-1257

ボトルキャップ

飲み終わったあとのボトルキャップどうしていますか?集まったキャップは800個でポリオワクチン1人分に換えることができ、発展途上国の子どもたちに届けられます。
収集企業についてはお問い合わせください。

ご注意
  • 清涼飲料水など本体がペットボトルのキャップが対象です。
  • シールをはがし、簡単に洗浄してください。
  • 金属のフタ、プルタブなどは絶対に混ぜないでください。

その他

ベルマーク、書き損じ・未使用はがきの収集も行っています。
ボランティアによる切手整理

ボランティアグループ一覧表

  • 05
  • 福祉のカフェりらん
  • 07
  • 08